SUPER SAPIENSS

SUPER SAPIENSS

ありえない組み合わせで送る
日本初のエンタメDAOプロジェクト!

SPEC堤幸彦

踊る大捜査線 本広克行

キサラギ佐藤祐市

サポーターと共に【原作づくりから映像化に至る全プロセスの一気通貫】に挑む!

超人類

− プロジェクト始動 −

− お知らせ −

「 自分たちは本当に作りたいものを作れているのか? 」

2021年3月。とある映画祭のスペシャルトークで一堂に会した三人の映画監督=堤幸彦×本広克行×佐藤祐市。

日本を代表する監督たちが共通して口にしたのがこの言葉だった。

「 ならば作りましょうよ 」と言い出した堤監督から提案されたのが、

「 会社に言われた作品じゃない。内職みたいな映画。

僕ら的には『 ショクナイ 』企画ですよ 」だった。

その言葉にトークに参加していた全員が乗った!

トークのMCでもあったプロデューサー・森谷雄はこれをどう形に出来るか?と、映画会社を奔走したが辿り着いたのが

「 今の映像業界のシステムでは難しい 」という結論だった。

「 ならば全く新しい作品づくりの仕組み作りからやりませんか? 」

と言い出した監督たちの言葉を受けて、このプロジェクトは走り出した。

ファンと一緒に作る超インディペンデントプロジェクト。

名付けて、”SUPER SAPIENSS”

日本の“E”エンタメをひっくり返す!

SUPER SAPIENSS

コンテンツの作り方、楽しみ方、収益モデルなどのあらゆる面で、
これまでの常識を打ち破る、プロジェクトが始動します。

それが、新時代のIP創造プロジェクト2.0「SUPER SAPIENSS」です。

これを実現するため、FiNANCiEトークン発行とトークンを基盤とした
共創コミュニティを活用します。

今回このプロジェクトに共感し、ご支援くださる皆さんは、私たち3人と共に未来を
切り開くために立ち上がった『超人類=スーパーサピエンス』であり、
同志と呼ぶべき存在です。

絵コンテ全見せのWEBTOON展開

ただつくるだけではつまらない!
ということで、今までにない作品作りを目指しつつ、より多く人にこの作品の世界観をインプットする方法として選んだのがWEBTOONです。

WEBTOONは、スマホやパソコンでの閲覧を想定して作られた、縦スクロール型のオールカラー電子コミックで、グローバルでも広く用いられています。

WEBTOONを用いることでダイナミックで明快な場面展開を、そのままお見せする事が可能となり、その後のグローバル展開も視野に入れたコンテンツが制作できると考えています。

絶対的ヒット感覚が生み出す最初の物語

シリーズ化のアイデアと共に真っ先に浮かんだのが、
私たちの最も得意とする「刑事ものサスペンス」でした。
そこに今人気の「異世界転生」要素を盛り込んだものにしようと話しています。

<三位一体のストーリー展開>

コラボレーションの方法としては、3人で練り上げたプロットをベースに、
それぞれの物語をリレーしていくものになりそうです。

<明らかになる超現代>

日本の起源から旧人類史にまで遡る、壮大な”過去”が次々と浮き彫りになっていく“現代”を舞台に繰り広げられる物語‥アッと驚く謎解き要素満載でお届けします。

それぞれが培ってきた「絶対的ヒット感覚」を信じ、世界中の誰もが楽しめる作品づくりを模索すると同時に、そこから果てしなく広がる「ユニバース」にご期待ください。

クリエイターエコノミー × FiNANCiE

FiNANCiEのトークン発行型ファンディング共創型コミュニティを活用し、「クリエーター自身が権利を持つと同時に金銭的なリターンを得る」

そして「手にした利益を元にサポーターと一つの作品を創り上げる」という新たなコンテンツ制作の道筋を模索していきます。

このような「変化」がエンターテイメント業界そのものの底上げにも繋がっていくのではと考えています。

エンタメDAOで共創

制作状況やその進行状況、撮影風景の可視化といった「定常的な共有」にとどまらず、作品の肝となるシナリオ設定やプロモーション方法に関する「トークン投票」を実施し、皆さんと共に意思決定をしながら作品作りを目指します。

『どんな作品が生まれるのか?』そんな期待感から生まれるであろう、サポーター間でのポジティブなディスカッションから作品作りのヒントを得られることを期待しています。

制作指揮を取る私たち3人を含め、皆で「同じ興奮を共有できる自主制作=コラボレーション」を楽しみましょう。

※DAO(Decentralized Autonomous Organizationの略称で、日本では分散型自律組織と呼ばれます。)

SUPER SAPIENSSトークンについて

トークンを保有するサポーターや、トークンを保有したいファンが増えることで、トークンの需要が増加し、マーケットにおける価値が変動します。

また、プロジェクトの進行状況や実績にともなって、新たにトークンを保有したい人が増えていくことで、価値が上昇する可能性もあります。

トークン価値向上による、保有者への還元もプロジェクトの醍醐味となります。

トークン発行型ファンディングの実施

SUPER SAPIENSSFiNANCiE

今回実施するファンディングの支援金で、シリーズ第一弾となる「WEBTOON」を制作いたします。

このWEBTOONは様々なコンテンツ制作に繋げていくための足掛かりであり、スーパーサピエンスが目指すIP創造の第一歩です。そして、私達との共創にご参加いただける“SUPER SAPIENSSの皆様”をお待ちしております!

あなたもスーパーサピエンスになろう!

実施期間:
2022年1月19日(水)16:30 〜
2022年3月16日(水)16:30 予定

プロジェクト発起人

ディレクター堤幸彦

オフィスクレッシェンド取締役

主な監督作品
金田一少年の事件簿 上海魚人伝説(1997年)
新生トイレの花子さん(1998年)
ケイゾク/映画 Beautiful (2000年)
トリック劇場版シリーズ(2002年-2014年)
明日の記憶(2006年)
大帝の剣(2007年)
包帯クラブ(2007年)
自虐の詩(2007年)
20世紀少年3部作(2008年-2009年)
BECK(2010年)
劇場版SPECシリーズ(2012年,2013年)
イニシエーション・ラブ(2015年5月)
天空の蜂(2015年9月)
十二人の死にたい子どもたち(2019年1月)
望み(2020年10月、KADOKAWA)
ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”(2021年11月)
truth~姦しき弔いの果て~(2022年1月)

ディレクター本広克行

Production I.G企画部所属

主な監督作品
7月7日、晴れ(1996年)
ぼくたちの映画シリーズ 友子の場合(1996年)
踊る大捜査線 シリーズ(1998年-2012年)
スペーストラベラーズ(2000年)
サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS(2000年)
BAYSIDE SHAKEDOWN 2(2003年)
交渉人 真下正義(2005年)
サマータイムマシン・ブルース(2005年)
UDON(2006年)
少林少女(2008年)
曲がれ!スプーン(2009年)
幕が上がる(2015年)
亜人(2017年)
曇天に笑う(2018年)
ビューティフルドリーマー(2020年)
ブレイブ 群青戦記(2021年)
PSYCHO-PASS サイコパスシリーズ(2012年〜)

ディレクター佐藤祐市

共同テレビジョン所属

主な監督作品
絶対恐怖 Pray プレイ(2005年)
シムソンズ(2006年)
キサラギ(2007年)
守護天使(2009年)
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない(2009年)
ストロベリーナイト(2013年)
脳内ポイズンベリー(2015年)
累(2018年)
ういらぶ。(2018年)
名も無き世界のエンドロール(2021年)
プロデューサー森谷雄

株式会社アットムービー 
代表取締役 CEO / ファウンダー

主なプロデュース作品
【映画】
シムソンズ(2006年)
しあわせのパン(2012年)
曇天に笑う(2018年)
ミッドナイトスワン(2020年)
【ドラマ】
天体観測(2002年)
THE3名様(2006年〜)
ザ・クイズショウ(2008年, 2009年)
33分探偵(2008年, 2009年)
深夜食堂(2009年〜)
みんな!エスパーだよ!(2013年)
東京ラブストーリー(2020年)
ほか

WEBTOON制作アドバイザー佐渡島庸平

株式会社コルク 
代表取締役 CEO / ファウンダー

株式会社フィナンシェ代表國光宏尚

株式会社gumi ファウンダー

株式会社Thirdverse 
代表取締役 CEO / ファウンダー

株式会社フィナンシェ 
代表取締役 CEO / ファウンダー

gumi cryptos capital 
Managing Partner